ハムの長文置き場

文章量的にTwitterに流しにくい好きなことを語るためのブログ

ドローは銀河! 赤単ビッグジョッキー

『雷鳴の守護者ミスト・リエス』というカードがある。

f:id:hachijuroku:20181023185425j:plain

クリーチャーを出す度にドローできる、単純にして強力なドローエンジン・クリーチャーである。

ミストリエスを立てたあと立て続けにガーディアンを出し続け、盤面を固めた上で『守護聖天ラルバ・ギア』と『ダイアモンド・カッター』で勝負を決めるのが、15年ほど前に筆者が愛用していた戦術であった。当時のカードプールでは横に並んだ飽和攻撃への対処が困難だった(数少ない対抗策であった『ホーリー・スパーク』も当初は高価であり、周囲での使用者は少なかった)ことも後押しし、このカードのおかげで勝ち星を稼げていたと言っても過言ではない。

このカードを通して勝ちを掴むことで、筆者はドローの重要性を理解したのである。

 

出された返しで除去できなければ勝敗が決まる、と揶揄されたミストリエスも殿堂入りし、やがて解除された。

5マナ域で悠長にミストリエスを立てていられるような時勢ではなくなったものの、クリーチャーが出る度にドローできる、という能力はやはり強力であり、ロードリエスジェスタールーペ、バーナインなどといった優秀な後輩たちは彼の空席を埋めるように活躍を見せている。

いずれの後輩たちも盤面を埋め尽くすほどの展開力に長けたドローエンジンであり、高速化したゲームの中でもドローする多幸感を我々に与えてくれる。

ドローとは、幸福なのだ。

 

他のTCGの話題になるのだが。

デュエマの兄貴分であるマジック:ザ・ギャザリングに『闇の腹心/Dark Confidant』というカードがある。

f:id:hachijuroku:20181023193225j:plain

能力をおおまかに要約すると『ターンのはじめに一枚の追加ドローと少しのデメリット』を内蔵した小型クリーチャーである。

最早説明するまでもないが、この闇の腹心は非常に強力なカードである。一枚ぶんの追加ドローは、それに伴って発生する多少のライフロスなど気にならないほど魅力的なのだ。特に、この能力で土地カード(=マナコストが0)が捲れたときの高揚感を指して『宇宙』とまで言わしめた。

追加ドローは、宇宙なのだ。

 

 

前置きが長くなった。

今回扱うカードはこの『DB“ファンク”C-軍』である。

f:id:hachijuroku:20181023194159j:plain

初めて見たとき、目を疑った。

攻撃性能に優れるビートジョッキーに継戦能力や極大火力まで与えてどうしようというのか。

しかも能力は大好きだったミストリエスと同様であり、更には大幅なコスト軽減能力も加わって切り札を連打するド派手な勝負が楽しめるのは目に見えている。

しかもGGGである。

宇宙を越えて銀河である。

もう、組むしかない。

・・・・・・というわけで組み上がったのが下記のデッキである。

 

赤単ビッグジョッキー

4 一番隊 チュチュリス

4 ダチッコ・チュリス

2 こたつむり

4 ダブファンクコング

4 ビッグバンフレア

4 マッポチュリス

4 マブダチッコチュリス

2 ランブルマシンGWD

4 罰怒ブランド

4 轟轟轟ブランド

4 勝利龍装クラッシュ覇道

 

チュチュリス設置からのダチッココングブランド、或いはビッグバン覇道轟轟轟などビートジョッキー特有の多様な攻めルートを選択できる贅沢なデッキに仕上がっている。覇道にアクセスするルートを多めに取っている為、コングのドロー連鎖を決めずとも勝ってしまうなどはザラにある。

コングを立ててうっかりターンが返ってこようものならもう宇宙、いや銀河。脳汁ドバドバのアドレナリンマックスな勝利が決まったようなものである。この幸福感を早期ターンに味わいつつ気持ちよく殴れるデッキは他にない。

 

全人類は今すぐネズミかサルかゴリラかボルツになってビートジョッキーを握るべきである、と。

そう筆者は思っている。