ハムの長文置き場

文章量的にTwitterに流しにくい好きなことを語るためのブログ

【DMデッキ】好きなもんは全部突っ込め!メラビート・ザ・ジョラゴン

 

 一般に、ひとつのデッキに異なる方向性の切り札、コンセプトを投入するとてんでちぐはぐなデッキになる、と言われている。5色コントロールのようなグッドスタッフ的構築ならともかく、色や種族を絞ったテーマデッキでは特に顕著となる。我々カードゲーマー、或いは勝負事に身を置く人間にとっては最早語るまでもない暗黙の了解と言っていいものだろう。得意なことを尖らせて尖らせて、そいてぶち抜いた方がわかりやすく強いのだ。

 だがその一方で、『好きなカードを全部使いたい』『スペースが足りなくても複数のコンセプトを同居させたい』というプレイヤーが一定数存在することも事実である。今回はそんなワガママなプレイヤーに向けたデッキを紹介しよう。

 

メラビート・ザ・ジョラゴン

4 ジョジョジョ・ジョーカーズ

2 メラメラ・ジョーカーズ

4 ヤッタレマン

2 ガンバG/ガガン・ガン・ガガン

4 パーリ騎士

3 ガヨウ神

2 メラビート・ザ・ジョニー

4 ジョット・ガン・ジョラゴン

4 キング・ザ・スロットン

4 SMAPPON

3 アイアン・マンハッタン

3 ルネッザーンス

1 王盟合体 サンダイオー

 

f:id:hachijuroku:20180428192033p:plain

 アニメでジョニーからジョラゴンへと切り札のバトンタッチが行われたことは記憶に新しい。今回はそのジョーカーズ二大巨頭を同時に採用したワガママなデッキとなっている。

 基本的には4ターン目ジョラゴンからのワンショットを狙いつつ、決めきれなかった場合には溢れる手札からジョニーを叩きつけられる豪快なプレイが楽しめる。

通常の無色寄りジョラゴンと比較すると、序盤の速度と安定性を低下させた代わりとして後半の継戦能力とトップの強さを手に入れた形だ。無色ジョーカーズでは致命的となるサイバーダイスベガスからの波壊GOや湯あたり地獄にも耐性がつくため、受けを割り増ししたコントロールデッキにも強気に出ていける。

 加えて、無色中心ではない(=ニヤリーゲットを採用しない純粋ジョーカーズ構築)利点としてキング・ザ・スロットンも欠かせない要素のひとつである。ジョラゴンで捨ててビッグワンの連鎖を繋ぐもよし打点を稼ぐのもよしトップから投げてよし、と厳しい構築条件に見合った能力で八面六臂の活躍を見せてくれる。惜しむべきはやべーくらい知名度が低いこと。対策打たれにくいから利点だよ利点!

 

 そして、何よりの利点は盤面がクッソ格好いいことなのでみんな軽率に好きなカードと頭を使って(最重要)デッキを組んでいこうね。