ハムの長文置き場

文章量的にTwitterに流しにくい好きなことを語るためのブログ

メラビートとアーキタイプ DMRP-04裁期

 はじめに。

 以下のリストは『筆者が今まで握っていたもの』であると同時に、新4弾魔の発売と同時に構築思想、枚数、内容が変化することが確約されています。今からだと参考にならないので読み物としてご覧ください。

 

 では本題。

 プレイヤーにはそれぞれ、アーキタイプの好みとか馴染みとか憧れってあると思うんですよ。

 筆者はDMでマナを増やしてアルファディオスを叩きつけるランプが好きで延々と使い続けた後に、MTGでのカウンタースペルに惚れて白青系コントロールを使い、タルキール期でDMでも触れていなかった赤を能動的に握るようになってからはバーンを握り、そこからはDMでも赤系デッキを握るようになりました。筆者の場合は単に選り好みの問題。

 で、赤いデッキ、特にバーンのどこが素晴らしいかと言えば『トップで相手を焼き切れる』点はやっぱり欠かせない訳で。

 相手方のシールド0枚、こっちは場もハンドも0というタイミングでスピアタトップして勝つと面白いじゃないですか。赤いデッキ握ってるときにハンデスコンと対面するとそれなりに起こるケースです。

 まぁ正直トップで捲られるのは相手からするといい気がしないんでしょうけど、此方は構築段階からスピアタ増やして殴り切ることだけを考えているので半ば狙い通りみたいなもんですし許してね。

 

 そんな素敵なバーンデッキ。

 スピードアタッカーをはち切れんばかりに詰め込める火薬庫みたいなデッキ。

 メラビートとその周囲のカードが公開されたときはそりゃもう喜びました。

 

メラビート・バーン(DMRP-04裁期)

4 ジョジョジョ・ジョーカーズ

2 メラメラ・ジョーカーズ

4 ヤッタレマン

4 パーリ騎士

3 洗脳センノー

3 カメライフ

3 絶対音カーン

4 メラビート・ザ・ジョニー

3 SMAPPON

4 バイナラドア

2 仏斬!富士山ッスル

4 王盟合体 サンダイオー

f:id:hachijuroku:20180121134157j:plain

 現在、このデッキはDMRP-04魔の発売に向けてチューンしてる最中なので現存してないんですけど、それでもリストがスルッと40枚浮かぶくらいには使い込んできたデッキです。

 ミッドレンジなマナカーブで盾をちょっとずつ割っていくスタイルが今のDMでは逆風だとは思ってるんですけども、やっぱり『DMでもバーンを使いたい!』という感情を前にするともうどうでもよくなっちゃうというか。

 

 好きなことを大事にするって大事ですよね、って。

 そんないい感じの文句が書けたところで今回はこれまで。