読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハムの長文置き場

文章量的にTwitterに流しにくい好きなことを語るためのブログ

3キルドギラゴン剣に対抗するために サザンプチョヘンザ

 GP2nd出られた方々、出てないけどなんか頑張ったよという方々もお疲れ様でした。私はお店で大好評発売中のドギラゴン剣剥いてました。

 

 発売日がGPと重なった『ハムカツ団とドギラゴン剣』のパック、GP本戦で使えなかったものの新パックは大きくメタゲームを変えるもの。その翌日にパックの目玉『ドギラゴン剣』が早速某所で大きな結果を残したそうです。

 その内容は緑の1コストクリーチャーを1ターン目に展開、2ターン目にアタック、『ンババ』へと革命チェンジ、3ターン目に『ンババ』アタック、『ドギラゴン剣』へと革命チェンジしファイナル革命で凄まじい打点を用意し殴りきるというもの。これらをサポートする『次元の霊峰』をはじめとする緑のサーチカードによって安定性もピカ一です。

 なんせマナ基盤は緑だけで動いているので色事故の心配はほぼなし。最速3ターンで殴りきるのでそんじょそこらの妨害札はあまり意味を成しません。『レティーシャ』のセイバー能力もなかなかどうして曲者で『勝利のリュウセイカイザ―』を守りつつ勝負を決めにかかってきます。トリガーの1枚2枚は問題ではなく、場に討ち漏らしがあれば次のターンまたファイナル革命からの打点の暴力が飛んできます。場を枯らしてしまうくらいでないととてもじゃないけど対抗なんかできません。

 じゃあトリガーを増やして迎え討とう、と言うのは簡単ですが先述のとおり場を枯らす勢いでトリガー踏ませないと勝てないのでなかなか非現実的だとは思います。殴らないデッキに勝てなくなるし。

 というわけで『ドギラゴン剣』は最強なのでした。ちゃんちゃん。

 

 ……という結論も面白くないので本題に入ります。

 『ドギラゴン剣』の強さはその登場速度に反した超打点にあります。登場速度が問題なのです。

 『ドギラゴン剣』を陰で支えているのが『二族ンババ』。現時点ではンババのみが文明のみ指定の革命チェンジでコスト5であり、次のターンに直接『ドギラゴン剣』に繋がります。

 逆に言えば最速『ドギラゴン剣』はみんなここを通るので『ンババ』を何が何でも潰してしまえればいいのです。そうすれば3キル狙いの『ドギラゴン剣』もただの木偶の棒に過ぎません。少し対策立ててとっとと殴ってしまいましょう。

 このような考えのもと脳内で組んだのが次のデッキになります。

 

白t青緑サザンプチョヘンザ

 4 予言者クルト

 4 希望の親衛隊ラプソディ

 4 黙示賢者ソルハバキ

 4 一撃奪取アクロアイト

 4 タイム2 ファソラ

 4 二族 ンババ

 4 雷鳴の守護者ミストリエス

 4 共鳴の聖霊龍サザンルネッサンス

 3 ミラクル・ミラダンテ

 4 百族の王プチョヘンザ

 1 聖霊王アルファディオス

 

クリーチャーを展開し、サザンを出し手札を一気に補充、プチョヘンザに革命チェンジしマナを一気に増やした後はまぁなんとかしてください、というプレイプラン。以下個々のカード解説。

 

クルト/ラプソディ

 好きに殴れる1コスト枠。相手の『ンババ』に対してこちらも革命チェンジで殴り返すための札。正直なところ相手の緑12枚に対してこちら8枚だと1ターン目こちらだけ動けない可能性が高いのだがそのためだけに1コスブロッカーを積むか、と言われたら微妙なところ。気合いで引いてください。8枚体制なんだから初手に1枚は来るはずです。確率の上では。

 

ソルハバキ

 過労死。

 

アクロアイト

 サザン、ミストリエスの早期召喚に。

 

ファソラ

 このデッキを組んだ原動力。能力あるぶんシドのほうが良くない?とか言ってはいけない。なんせこちらは相手の『ンババ』を殴り倒してピンピンしているパワー5000なのだ。このパワーラインが重要なのである。サザンの発火点になれるのもいいところ。呪文がメインの相手が増えてきたらシドとトレードしよう。5コストの革命チェンジクリーチャーのパワーライン上がったらどうしようかとビクビクしています。

 

ンババ

 相手の『ンババ』の対策が肝心とは言ったもののこちらが『ンババ』を使わないとは言っていない。相手のそれに合わせて共倒れ推奨。あっちの『ドギラゴン剣』の降臨を決して許してはいけません。こっちはチェンジ元が残ってればサザンで生きるしプチョヘンザだってサザンから出ます。

 

ミストリエス

 言わずと知れた強力置きドロソ。プチョヘンザで更地になった盤面に出すのがよさげ。

 

サザンルネッサンス

 そのカードパワーで白単速攻を成立させる強力ドロソ。誤変換で協力ドロソと表示されたが間違ってはいないはず。エンコマドラゴンであることも覚えておきたい。

 

ミラクル・ミラダンテ

 どうしても事故って間に合わない、ということは往々にしてあるものであって、それを覆してくれるのは流石という言葉しか出ない。返しでプチョヘンザになったりアルファディオスになったりする。打点増強のためこいつを素出しして殴っても◎。これのためにクリーチャー率上げた。

 

アルファディオス

 言ってしまうとなくてもいい枠、と言うか趣味。このデッキはビートをとても厚く見ているのでコントロール、即死コンボを一枚で黙らせる札が欲しかった、と言えば聞こえはいいだろうか。呪文封じだけなら簡単に種が用意できるアルカディアスDなんてやつもいるので検討していきたい。

 

 

  如何でしたでしょうか。私はどっぷりガチでやっていた経験も少ないのですが、新弾で環境もガラリと様変わりするだろうしこれを機にどっぷりつかっていくのも悪くないだろうなぁと今回の記事を執筆するに至りました。この記事が新しいデッキを組むヒラメキの種となってくれれば嬉しいです。

 最後に、

ここまで考えた後にオリオティスとかいう便利対策カードに気がつきました。(おしまい)