ハムの長文置き場

文章量的にTwitterに流しにくい好きなことを語るためのブログ

2018年8月31日

昔は、8月という月が好きで嫌いだった。

上旬に遊び呆けた夢のような記憶が中旬、下旬へと日を経ていくごとに『やらなければいけないこと』と寄り合わさり、怠け者に鞭を振るうバケモノへと姿を変える。

決して計画性のあるほうではなかった私は、31日になって過去の自身の愚かしさを呪い、またそれを羨ましくも思いながら必死になってペンを走らせるのが常であった。いっそのこと『やらなければいけないこと』を放り出してしまえば幾ばくか楽になれたのだろうが、それをよしとしなかった怠け者で、無計画で、それでいて義務感だけは人一倍あった自分自身が誰よりも愚かだったのかもしれない。

 

昔は過ぎ去り、今になった。

『やらなければいけないこと』は混じり気なしの義務になり、義務感の有無を問わず、それに相対し捌ききることが求められるようになった。

『やらなければいけないこと』が強大化し、それに萎縮するように夢のような時間は目減りした。なにも8月に限ったことではない。代わり映えのしない無味な毎日の繰り返しで、色が薄れた日々は均一化された。

気がつけば、私にとっての8月は好きでも嫌いでもない、ただの12ヶ月のうちのひとつというところまで色が薄れていた。そのことにさえ、今の今まで気づくことすらなかった。

 

だからこそ。

だからこそ、私は好きと嫌いが入り混じっていた8月に、夏の記憶が色褪せてぷつんと失せてしまう31日に、言いようもない想いを馳せてしまうのだろうか。

だからこそ、私は日々の義務から逃げるように、夢のような日々をもう一度と手を伸ばすように、宛てなく旅に出てしまうのだろうか。

 

 

ただ、きっとこの度の先に。

答えなんて、ないのだろうけど。

【DMデッキ】オーエン・ザ・ロードは悪魔なのか?光デーモンゼニスオルデリドキンダム

 2018年。今年もクロニクルレガシーデッキが発売されました。

f:id:hachijuroku:20180813204632j:plain

 今回の記事で扱うのは至高のゼニス頂神殿の改造案、もとい新カードを使ったデッキです。クロニクルということで内容もちょっぴり大人向け。

 

 ゼニスといえば超パワーカードをマナ加速から叩きつけるターボゼニス、という認識が根強い中で公開されたセーブ・ザ・デイト、オーエン・ザ・ロードのふたりの光ゼニスは界隈に衝撃をもたらすに充分な存在でした。なにせ従来の無色ゼニスからは数歩離れたカードデザインなのですから。界隈は新しいデザインに死ぬほど厳しいから仕方ないね。

 公式から新しいデザインを突きつけられたのなら、ひとりのデッキビルダーである自分も腕が鳴るというもの。しかもオーエンは筆者が愛してやまない光デーモンコマンド待望の新規カードです。これでデッキを組むなというほうが酷な話。

 そこで、『元々のデッキのギミックを活かしつつ、自分の好きな要素も加えて楽しく勝てるデッキに仕上げる』ことをコンセプトに組み上げたのが以下のリストになります。今から集めるには大変なカードも多々ありますが、元来クロニクルレガシーデッキは大人向け商品なのでそこらへんは大丈夫ですよね。

 

光デーモンゼニスオルデリドキンダム

4 プロテクション・サークル

4 クリスティ・ゲート

4 トライガード・チャージャー

4 ヘブンズ・ゲート

4 懐疑の虎狼 ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」

4 偽りの名 アガサ・エルキュール

3 極頂秘伝ゼニス・シンフォニー

4 「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト

4 「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード

4 オールデリート

1 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX

 

以下、採用カード解説

プロテクションサークル

 初動にしてゲームプランを決めるキーカード。ビートダウン相手にはヘブンズゲートを、殴ってこないコントロールやコンボ相手にはハンデスされないようアガサを隠してクリスティに繋ぐなど、相手のデッキや性格を把握した上で仕込むカードを決める必要があります。他のカードを同時に抱えていることが前提ですが、結果としてデッキの受け幅を大きく広げています。強いカードなので4枚。

クリスティゲート

 1年前のアルカディアス鎮魂歌でなぜか値段が釣り上がったのも今は昔。今こそこのカードが真価を発揮する時だと信じています。

 以前は実質的にアガサの一点狙いだったのが今回のクロニクルレガシーデッキでオーエン、ミラーズホロウ(+ゼニスシンフォニーでのアドバンテージ)というふたつのアタリ枠が追加されたことで3ターン目での素撃ちも真面目に視野に入るようになりました。当てれば勝てるんだぜ?賭けるしかないでしょ?強いカードなので4枚。

ライガードチャージャー

 書いてあることがおかしい新カード。光単色で盾の入れ替えができるにも関わらず4マナのチャージャー持ち。ぶっちゃけこのデッキに限らず光絡みのビッグマナに割って入るくらいの地力の持ち主・・・・・・じゃないっすかね。

 4→6でヘブンズゲートに繋ぐのは勿論、6マナ時にこれかプロテクション→クリスティでデーモン確定ガチャを回せるのが非常に凶悪。みんなも好きだよね、SSR確定ガチャ。強いカードなので4枚。

ヘブンズゲート

 元来、光デーモンは能動的に自分の盾を削っていくコンボ(或いはビッグマナ)デッキなのでゴリゴリと殴られることに耐性がないデッキタイプでしたが、これとオーエンの追加で受け性能が大幅に向上。しかし残念ながら、光デーモン且つブロッカー持ちのカードが非常に少ないためデーモンの他にも弾を採用しています。後述。受けが強いカードなので4枚。

ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」

 基本的には呪文側を初動として使いつつ、試合後半で天門から出たりクリスティぶっぱからシンフォニーとゼニスを回収して撃つのが主な役割。とにかくクリスティから出てきてアドを稼げる新規クリーチャーということで筆者からの評価がやたら高い。盾から引き当てたいので4枚。

アガサ・エルキュール

 実は筆者がずーっと形を変えて弄り続けてきた切り札なのでこうして実質的な強化をもらってすげぇホクホクしている次第です。切り札と言うけれど実質的には場に残ってアドを稼ぐクソデカシステムクリーチャーなあたりも渋くてグッド。たまに試合アドを稼ぐのもグレイトだぜ。あとイラストがドチャクソ格好いいし光デーモン全体のネーミングルールも以下略。最強なので4枚。 

ゼニス・シンフォニー

 専らクリスティで減った盾をオーエンで補充するために。たまにデイトで手札をドバーッと吐き出すために。終了時に手札へ戻る効果をオーエンで消してリソースを稼ぐ動きは要考慮。アガサ効果で相手ターン中に盾から唱えてオーエン出したりすると挙動が犯罪気味で楽しい。ほどほどなため3。

セーブ・ザ・デイト

 でかいロードリエス。セーブなのにでかいロードとはこれいかに。

 デッキのコンセプトからすると光デーモンではないので一見入らなさそうだが、このデッキは中終盤でとにかく手札がカツりやすい為、そこでの息切れ防止だったり、オーエンだけでは足りないシンフォニーの弾だったり、天門をもっと強く使うためだったりと替えの効かない役割を持っての採用となっています。でもやっぱり光デーモンじゃないからクリスティで捲って出すと反則だしダメよ。強いので4。

オーエン・ザ・ロード

 光デーモンにとって必要だったことしか書いてないやべーやつ。クリスティのまぐれ当たりで3ターン目にこいつ出てきたら死ぬっしょ。アガサ以外の大当たり枠増えるの超やばい。名前もかっこよすぎて超やばい。超やばいので4枚。

オールデリート

ドキンダムX

 アガサからデリート捲るとドキンダムひとりになるじゃないですか。ドキンダムが相手を倒してそして誰も居なくなるんですよ。めっちゃエモい。捲れて勝ちなのやばい。

 エモいのでデリートは4枚。ドキンダムは4枚積むと怒られちゃうので1枚。

 

 

 さて。

 回してみればわかりますが、このデッキは相手のアーキタイプの把握はもちろん、呪文とクリーチャーの比率、スピードアタッカーや相手の盾にアクセスする手段の有無、殴るペース、そして自分の盾の把握と記憶が必須など普通のデッキとは微妙に違う脳味噌を使うデッキであり、同時に『相手との対話』が必要なデッキです。

 クロニクルレガシーデッキ自体が『普段は忙しい大人たちもお盆は実家で仲間たちとデュエマしてね』というコンセプトであろう(推測)以上、このデッキもそうした方向性で突き詰めました。

 対戦相手の性格やプレイングを把握できているかいないかで、このデッキの楽しさ、勝率は大きく変動します。特に盾関連のプレイングは取り返しが効かない以上、判断を間違えると一発で積みかねないのでトーナメントシーンに持ち込むことは推奨できませんが(我こそはというお方は是非お願いします)、気心の知れた仲間たちと遊ぶには最高のデッキのひとつなのではないか、と思います(自画自賛)。

 

 

 ミステリーの犯人にでもなったつもりで楽しくゲームメイクできたら最高だよね!ということでどうかひとつ。

 

あと最後に。

f:id:hachijuroku:20180814194354j:plain

15周年展NEXTのトークショーで大先生の色紙をいただきました。これもこのデッキを使って悪魔の加護を高めたおかげですね(?)

いえーいえーぴーすぴーす。

【DMデッキ】『頭を使うデッキ』とはなんぞや。轟轟轟覇道

発売日ですが俺のM・G・G・Gが発動したので書きました。

ネタと鉄は熱いうちに打て。

f:id:hachijuroku:20180623183654j:plain

轟轟轟ブランド。ストーリーでは罰怒ブランドがクラッシュ覇道との修行の末、手に入れた新しい姿という位置づけ。

ただでさえ速かった罰怒の強化形態ということで相当なキル速度を誇っており、比較的現実的な(実質)2ターンキルや、重ね引きも考慮すれば1ターンキルも狙えます。多数の速攻キルルートや罰怒との同時採用、はたまた墓地ソースでの採用など発売前から色々と考案されていた夢に溢れるカードです。ロケットって夢あるよね。空に向かって手を伸ばしてるイラストクッソエモいよね。ところで俺の例大祭新刊読まない?

 

今日はそんな轟轟轟ブランドを主軸に、修行の相方であるクラッシュ覇道を掛け合わせた夢に溢れるデッキを紹介します。今日一日ショップで回して調整し続けたので草の根大会程度なら自信を持ってお薦めします。当ブログは『初心者でもすぐ組める』ことをウリにしているのでドリスコ等の集めるのがめんどくさいカードは採用しません。故に2ブロック対応構築です。

 

赤単轟轟轟覇道

凶戦士ブレイズ・クロー

ホップ・チュリス

グレイト“S-駆”

ミサイル“J-飛”

勇愛の天秤

龍装者 バルチュリス

“必駆”蛮触礼亜

ニクジール・ブッシャー

“轟轟轟”ブランド

勝利龍装 クラッシュ“覇道”

 

強いカードは4枚なので4×10の最強構築です。以下解説。

 

ブレイズクロー、ホップチュリス、グレイトソニック、ニクジー

言わずもがな1ターン轟轟轟の立ち役者・・・・・・だけどこのデッキでは考えなしにニクジールぶっぱすると死が見えます。それについては後述。

 

ミサイルジェット

トップから投げられるスピアタは便利だけど他のパーツと比べれば比較的自由枠かも。ジャンケンの腕に自信があればショーに変えてもいいしスパークやクロック等のトリガーに変えてもOK。このデッキで序盤に色事故を起こすと死ぬしかないので赤単で構築するのが好きです。並べた時の見た目が格好いいし。

 

勇愛の天秤

おそらく最も突っ込まれるであろう(今日も凄く突っ込まれた)枠。2枚のドローは一見GGGと相性が悪そうに見えるものの、基本的に手札カツカツで動くこのデッキにとっては轟轟轟を引き込みに行ける重要なパーツ。マナがあれば手札も捌けるし、先行取られたジョーカーズ相手のヤッタレマンなども焼けて使用感はバッチリ。必駆蛮覇道ルートを取る際の手札調整にも使えるのでトリガー含めて何一つ弱いことが書いてない。

 

バルチュリス

追加打点。轟轟轟から引き込むと擬似的に轟轟轟を嵩増ししたような挙動になるのでつよい。

 

ビッグバン、クラッシュヘッド

夢の枠・・・・・・にしてデスザークや天門などの早期に轟轟轟への回答を出しうるデッキに対してのアンチ枠。他に打点を用意していないと覇道の追加ターンが弱い、手札消費の関係で最速轟轟轟ルートが取れなくなるなど制約も多いが、きちんとお膳立てできた時はデッキ相性差をひっくり返してくれるという意味でも夢の枠。手札枚数を調整すれば直後に轟轟轟も出せるので見越したプラン構築も要考慮。

 

 

以上より、このデッキは『1ターン目からのプラン選択』を余儀なくされるデッキです。最速轟轟轟を取るか、はたまた覇道轟轟轟ルートを取るか。相手のデッキタイプやトリガーを見越してプランを取捨選択し、今引きも想定してゲームプランを組み立てていけたときに最高に輝いてくれるデッキだと信じています。みんなも1ターン目からフルに頭を使ってレッツ“轟轟轟”!

 

 

・・・・・・突然ですが最後にクイズです。タイトル含めてこの記事の中に『車』がいくつありましたか?

答えはこの下↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺も数えてないです。おわり。

【DMデッキ】好きなもんは全部突っ込め!メラビート・ザ・ジョラゴン

 

 一般に、ひとつのデッキに異なる方向性の切り札、コンセプトを投入するとてんでちぐはぐなデッキになる、と言われている。5色コントロールのようなグッドスタッフ的構築ならともかく、色や種族を絞ったテーマデッキでは特に顕著となる。我々カードゲーマー、或いは勝負事に身を置く人間にとっては最早語るまでもない暗黙の了解と言っていいものだろう。得意なことを尖らせて尖らせて、そいてぶち抜いた方がわかりやすく強いのだ。

 だがその一方で、『好きなカードを全部使いたい』『スペースが足りなくても複数のコンセプトを同居させたい』というプレイヤーが一定数存在することも事実である。今回はそんなワガママなプレイヤーに向けたデッキを紹介しよう。

 

メラビート・ザ・ジョラゴン

4 ジョジョジョ・ジョーカーズ

2 メラメラ・ジョーカーズ

4 ヤッタレマン

2 ガンバG/ガガン・ガン・ガガン

4 パーリ騎士

3 ガヨウ神

2 メラビート・ザ・ジョニー

4 ジョット・ガン・ジョラゴン

4 キング・ザ・スロットン

4 SMAPPON

3 アイアン・マンハッタン

3 ルネッザーンス

1 王盟合体 サンダイオー

 

f:id:hachijuroku:20180428192033p:plain

 アニメでジョニーからジョラゴンへと切り札のバトンタッチが行われたことは記憶に新しい。今回はそのジョーカーズ二大巨頭を同時に採用したワガママなデッキとなっている。

 基本的には4ターン目ジョラゴンからのワンショットを狙いつつ、決めきれなかった場合には溢れる手札からジョニーを叩きつけられる豪快なプレイが楽しめる。

通常の無色寄りジョラゴンと比較すると、序盤の速度と安定性を低下させた代わりとして後半の継戦能力とトップの強さを手に入れた形だ。無色ジョーカーズでは致命的となるサイバーダイスベガスからの波壊GOや湯あたり地獄にも耐性がつくため、受けを割り増ししたコントロールデッキにも強気に出ていける。

 加えて、無色中心ではない(=ニヤリーゲットを採用しない純粋ジョーカーズ構築)利点としてキング・ザ・スロットンも欠かせない要素のひとつである。ジョラゴンで捨ててビッグワンの連鎖を繋ぐもよし打点を稼ぐのもよしトップから投げてよし、と厳しい構築条件に見合った能力で八面六臂の活躍を見せてくれる。惜しむべきはやべーくらい知名度が低いこと。対策打たれにくいから利点だよ利点!

 

 そして、何よりの利点は盤面がクッソ格好いいことなのでみんな軽率に好きなカードと頭を使って(最重要)デッキを組んでいこうね。

【例大祭15】天に焦がれて

第15回 博麗神社例大祭の頒布物にございます。

 

 

 

 

 

f:id:hachijuroku:20180419193218p:plain

 

タイトル:天(そら)に焦がれて

 『それぞれの少女から見た空と、それに対するアプローチ』をテーマとして、小鈴、あうん、蓮子とメリー、魔理沙を主人公にした短編5本でお送りします。

 

 さぁ、手を伸ばせ!

 

 

収録作品

・はじめてのまほう

 少女の目指す先。

 

・本の虫は蠅にあらず

 空を飛びたいと悩む小鈴と、それを眺める阿求。そして来訪者。

 

・頬に受ける

 物言わぬ狛犬から見た博麗の巫女、そしてその先。

 

・科学世紀のユメ事情

 蓮子とメリーが空について思うこと。

 

・はじまりのふたつぼし

 魔理沙の目指す空。

 

 

さんぷる:はじめてのまほう

www.pixiv.net

 

 

文庫:140頁

発行:つちのこごはん

文章:ハムのすけ

イラスト:レナルー(宇宙クレヨン)

 

例大祭15 た30a  つちのこごはんにて700円で頒布予定です。

お待ちしております。

 

メラビートとアーキタイプ DMRP-04裁期

 はじめに。

 以下のリストは『筆者が今まで握っていたもの』であると同時に、新4弾魔の発売と同時に構築思想、枚数、内容が変化することが確約されています。今からだと参考にならないので読み物としてご覧ください。

 

 では本題。

 プレイヤーにはそれぞれ、アーキタイプの好みとか馴染みとか憧れってあると思うんですよ。

 筆者はDMでマナを増やしてアルファディオスを叩きつけるランプが好きで延々と使い続けた後に、MTGでのカウンタースペルに惚れて白青系コントロールを使い、タルキール期でDMでも触れていなかった赤を能動的に握るようになってからはバーンを握り、そこからはDMでも赤系デッキを握るようになりました。筆者の場合は単に選り好みの問題。

 で、赤いデッキ、特にバーンのどこが素晴らしいかと言えば『トップで相手を焼き切れる』点はやっぱり欠かせない訳で。

 相手方のシールド0枚、こっちは場もハンドも0というタイミングでスピアタトップして勝つと面白いじゃないですか。赤いデッキ握ってるときにハンデスコンと対面するとそれなりに起こるケースです。

 まぁ正直トップで捲られるのは相手からするといい気がしないんでしょうけど、此方は構築段階からスピアタ増やして殴り切ることだけを考えているので半ば狙い通りみたいなもんですし許してね。

 

 そんな素敵なバーンデッキ。

 スピードアタッカーをはち切れんばかりに詰め込める火薬庫みたいなデッキ。

 メラビートとその周囲のカードが公開されたときはそりゃもう喜びました。

 

メラビート・バーン(DMRP-04裁期)

4 ジョジョジョ・ジョーカーズ

2 メラメラ・ジョーカーズ

4 ヤッタレマン

4 パーリ騎士

3 洗脳センノー

3 カメライフ

3 絶対音カーン

4 メラビート・ザ・ジョニー

3 SMAPPON

4 バイナラドア

2 仏斬!富士山ッスル

4 王盟合体 サンダイオー

f:id:hachijuroku:20180121134157j:plain

 現在、このデッキはDMRP-04魔の発売に向けてチューンしてる最中なので現存してないんですけど、それでもリストがスルッと40枚浮かぶくらいには使い込んできたデッキです。

 ミッドレンジなマナカーブで盾をちょっとずつ割っていくスタイルが今のDMでは逆風だとは思ってるんですけども、やっぱり『DMでもバーンを使いたい!』という感情を前にするともうどうでもよくなっちゃうというか。

 

 好きなことを大事にするって大事ですよね、って。

 そんないい感じの文句が書けたところで今回はこれまで。

【DMデッキ】寒い冬は魚介鍋で温まろう!ムートピアの激辛キズナ鍋

 サザエにイワシ、アワビエビクジラ。その他諸々エトセトラエトセトラ。みんなして美味しそうですよね。ムートピアの連中。

f:id:hachijuroku:20171221185603j:plain

 その中でも筆者の一押しはセビーチェン。小回りの利くキズナ能力は同コスト帯のキズナ能力持ちに比べても際立っています。かっこいいポーズと色鮮やかな甲殻、そして何よりプリッと引き締まった肉体美からも目が離せません。

 しかしながら、セビーチェンが出たのは秋に発売したDM新3弾。組めないとまでは言いませんが、まだまだキズナ能力やそのサポートが充実しきっていない時期でした。動かしてて間違いなく楽しかったけど除去がバウンス頼り故にスピアタに弱すぎたのがキツかったのよ。

 そうして時は流れて今現在、新4弾が発売されてサッヴァークやサンダイオーで界隈の話題は持ちきりです。そんな中でぐつぐつと、今か今かと煮え立つ時を待っているカードたちが居ました。

 そう、みんな大好きキズナのムートピアたちです。

 

青赤 ムートピアの激辛キズナ

4 一番隊 ザエッサ

4 一なる部隊 イワシン

4 貝獣 リガイト

3 異端流し オニカマス

4 貝獣 マジュガイ

4 貝鬼動 アワービ

4 甲殻鬼動隊 セビーチェン

4 奇跡の旋風 トゲガニル

4 貝獣 ヒヨク

3 百万超邪 クロスファイア

2 暴走龍 5000GT

 

 高速で墓地と手札を充足させながら殴りかかり、相手にたらふく魚介を食べさせてあげましょう。新4弾からの期待の新参リガイトは手札を高速で回しながらキズナ発動を助け、マジュガイはバウンスしない除去で仲間たちが気持ちよく殴れる盤面を保持してくれます。何より2マナのキズナ持ちというのがとても高評価。

 

 苦しくなったらクロスファイアばーん!GTどーん!!沢山ドローして進化も出せるからトップから勝てる!!!素敵!!!!

 

 そんな素敵なムートピア、あなたもぜひぜひ食べてみてはいかが?